犬のペット保険

犬のペット保険

犬は、ペットの代表格ですので、犬のペット保険を扱っている会社は多数あります。
犬の保険の場合は、犬の年齢と体重によって保険料が変わってきます。
3歳まで、4〜7歳まで、8〜10歳まで、11〜13歳まで、14歳以上というように分けられています。
さらに、小型犬・中型犬・大型犬・特大犬と体重によって分けていきます。
例えば、1歳で加入した小型犬の場合は、4歳になると保険料が見直されます。
次に見直しの年齢になるのは8歳になります。
その次は11歳、14歳というように保険料が見直されていく仕組みになっています。
また、会社によっては20歳11ヶ月まで契約を更新できるので、とても安心できます。
犬は、人間と違い「お腹が痛い」とか「頭が痛い」など、喋ってくれません。
赤ちゃんと同じです。
いつもと様子がおかしいと感じ取ってあげられるのは、飼い主さんです。
犬は、外に散歩に行くのが日課になっている犬種もあります。
外に行く分、危険とも隣り合わせです。
いつ病気や事故に遭ってもおかしくないのです。
そんな時に、安心して動物病院に連れて行ってあげられたら、犬も飼い主さんも安心です。
家にお金の余裕が無い時など、病院に行くことをためらったりしていませんか?

そんな時も、保険に入っていれば、半額、もしくはそれ以上戻ってくるプランもあります。
家族の一員の大事な犬です。
犬のペット保険に入って安心して生活していきたいですね。