ペット保険の相場

ペット保険の相場

ペット保険とは、大切なペットが病気やケガになった万が一の場合に備えるペットのための保険です。ペット保険に加入できるペットの種類は犬、猫が主で、その他、鳥やフェレット、ハムスター、りす、うさぎなどはペット保険によって取り扱いが異なります。年齢制限は保険によって大きく異なりますが、犬・猫の場合、8歳から11歳くらいまでが一般的です。ペットにかかる医療費は年々上昇しています。ペット(特に犬や猫)がよく病院にかかる症状で診察・治療・投薬を受けたとしても保障の範囲外である場合もあります。ペット保険に加入する場合には保険内容の確認が大切です。犬や猫によくある下痢、嘔吐、皮膚病、外耳炎、口内炎、寄生虫などの症状は、いずれも多くのペット保険で保障対象としています。ペットブーム到来とともに社会に広まってきたペット保険ですが、これまでの無許可共済的ペット保険とは別の種類のペット保険が登場しました。日本で初めて金融庁が認可したペット保険として注目されているのがアリアンツ火災海上保険株式会社のペット保険です。プランはてん補割合が100%の「スーパー100プラン」、てん補割合が70%の「スーパー70プラン」、てん補割合が50%の「スーパー50プラン」の三種類で、それぞれ犬用と猫用があります。ペットにかかる医療費はペットの種類、ペットの健康状態、かかっている動物病院によっても大きく異なります。ペットにかかる医療費は年々上昇傾向にあります。動物病院に支払った医療費の平均は犬が年間5万円、猫は年間3万円という報告もでています。一方でこうした医療費をカバーしてくれるペット保険の相場は年間3万円程度といわれています。