ペット保険に入れないケース

ペット保険に入れないケース

ペットを飼っていれば、どんなペットでもペット保険に入れるわけではありません。
ペット保険は対象となるペットが限られています。
犬と猫はどこのペット保険でも入れます。
しかし、うさぎやフェレットなどの小動物は、入れる保険が限られてきます。
どの会社も取り扱っていないペットもあります。
ペット保険に入りたくても、入れない場合もあるわけです。
対象となるペットを飼っていたとしても、加入するのに年齢制限もあります。
会社によっても違いますが、犬と猫の場合、新規加入は8歳11ヶ月までと決められているところもあります。
それとは違い、10歳以上でも入れるところや、年齢制限は無いところもあります。
ペットも人間と同様に、今まで元気であっても、高齢になれば病気にもなります。
高齢になればなるほど、病院に行く回数も増えてくるでしょう。
病気がちになってから、慌ててペット保険を探しても、年齢制限に引っ掛かり、希望する保険会社に入れない場合も出て来ます。
そのように慌てることのないように、まだペットが若い内から、保険には入っておいた方がいいですね。
また、年齢はクリアしていても、持病がある場合や、過去半年以内に指定の病気に掛かっていないことが、条件になるところがほとんどです。
そして、申し込んだ日から過去1年以内に、指定のワクチンを接種していることが条件にもなっています。
すべてのことをクリアして、希望の保険会社のペット保険に入れるといいですね。

ペット保険に入れないケース関連ページ

ペット保険で注意したい事
ペット保険のトラブル