ペット保険のトラブル

ペット保険のトラブル

ペット保険は、まだ新しいこともあり、様々なトラブルがあります。
まずは、ペット保険の補償内容をきちんと理解することです。
大事なペットが事故や病気などになり、動物病院に診てもらうということが起こりました。
もちろん、ペット保険に加入していたので、保険が下りると思っていた飼い主さんですが、実際は補償対象外の事態だったということがあります。
そのために、保険金は下りずに困ったということです。
このような事が起こらないように、ペット保険の約款には、必ず目を通すようにし、補償内容を理解することが大切ですね。
また、人に対する保険と違い、保険会社が破綻した場合のセーフティネットの整備が、まだ完全ではありません。
万が一、加入しているペット保険会社が破綻した場合、それまでに支払っていた保険料が戻ってこないということになる場合もあります。
加入する際には、その保険会社の加入者数を調べると共に、会社の経営状態を把握することも大切です。
また、保険料を一括払いにせずに、年払いより割高になってしまいますが、毎月払いにするなどの対策も必要になってきます。
ペット保険の必要性が高まってきているので、それに伴い悪質な業者も増加しています。
入会金を振り込んだ後に全く連絡取れなくなったり、保険金の還付請求をしても全く入金されなかったりなどのトラブルもあります。
国民生活センターにも苦情はたくさん届くようになっています。
きちんと、会社を見極め、安全なペット保険に加入できるといいですね。